焦がれる

 秒針が進む音。廊下を歩く誰かの靴の音。遠くの水道から流れる水の音。外の通りを走る車の走行音。

 机に耳を預けていればいろいろな音が振動になって聞こえてくる。例えば、今私の後ろにいる彼女の動きなんかも。

「その本って面白いの?」

 何とはなしに聞いた。本の内容にこれっぽちも興味はないが、この部屋には私と彼女しかいない。本を読んでいる彼女は一言も話さないし、私も待機中だからこの詰所から自由に出ることはできない。単なる暇つぶしだ。

 私に聞かれた彼女、糸瀬冴は一度こちらに目を向けると再度本へと目を移す。その後考え込むかのように唸る。

「面白くは、ないな」

 確かめるように答えた彼女は頷いて、再度「面白くはない」と答える。

「面白くないのに読んでるの?」

 本の題名は『沈む花』、あらすじを聞くに女性同士の恋愛を描いたものだ。同性愛が認められていない時代に、愛し合った少女二人がすれ違いながらもお互いを想いあう物語。私は読んだことはないが本の背表紙の幅からもなかなかの長編のようだ。

「この本の女性たちは真っ直ぐ芯の通った女性たちなのだが、恋愛に関しては奥手で引っ込み思案なことが多い。そのせいで重要な返答を逃してしまいすれ違いが起こるんだ。本当に大切な人がいて、想いを伝えたいというのなら、なりふり構ってはいられないのではと思ってな」

 ページを撫でる彼女の指は優しそうだ。まるで登場人物たちの行く末を案じているかのようだ。

「私だったらそんなことはしない」

 彼女がこちらを見ながら言った。力強いまなざしだった。それは直ぐに本に戻ってしまったが、熱さだけは残ったままだ。

「そう、ありがと」

 青い輝く瞳。時代遅れの第弐世代の色だ。私の第肆世代の紫色とは違う。澄み渡るような色だ。まだ見たことがない海の色とは、あのような色を指すのだろう。

 だが、彼女の瞳は本へと移ってしまっていた。それからは私は彼女の眼を追い続けたが、彼女の眼がこちらを向くことはなかった。

お題『確かに恋だった』様より 恋する動詞111題 01.焦がれる

【20181223】ここ数カ月のPS4関係を書いてみたけどホラーっていうよりはホラーアクションなので純粋なホラーものは無理です。

 そろそろ、このブログに飽きてきた。

 文字打つのは楽しいけど見切り発車すぎるし、毎度のように予測変換や一発変換がクソすぎて萎えそう。今打った「萎えそう」も一発変換なら「苗そう」だしな。これ打つのに間違えて3階も打ち間違えてるし。どんだけだよ。そこまで萎えてないぞ。

 毎日何かしら書こうとは思っているけど、今これスマホからやってんだよね。

 家でパソコンで打ってるのと違ってめっちゃやりにくい。お前らの予測変換どうなってるんだよ。でも私がクソクソ打ちまくるせいか、くそって打ったら一発でカタカナのクソが出て来るのは調教成功なのかな。

 普段はTwitterで下ネタとか気違いじみたことしか言ってないので、教養はお察し。SNSで性癖ばら撒くの害悪過ぎるでしょ。反省も更生もしないけど。

 今日は私のやってるゲームの話をしようと思うんだけど、8月くらいにPS4買って一番初めに遊んだのが「サイコブレイク2」ってホラーゲーム。私ホラー系好きなんだよね。基本芋ってチキンプレイするけど。ああいうのってドキドキハラハラでアドレナリン出て楽しいじゃん。

 他にも一緒にやったのは「メタルギア サヴァイブ」だ。メタルギアシリーズは弟が結構やっていて私もさわり位はやったことあるけど、これはシリーズの生みの親、小島プロがいなくなって初のシリーズ。やってみて思った。

「これ全然メタルギアじゃねえじゃん!!知ってた!!!」

 メタルギアにゾンビは出て来ない。私がやりたかったのはジャングルや施設内でのスニーキングアクション。なんで私はマインクラフトよろしく建築してんだ?

 でもまあ、シリーズとしてのナンバリングから外して、別々にして考えれば結構面白かった。広大なマップに強大な敵、私の好きなヘッドショットもたくさんできる。地下ではどこから敵が出て来るのか分からないのでそれなりにホラーみもあるかも。あれ、これ、メタルギアって文字いらねくね??

 まあ、小島プロは独立してから新しいゲーム作っているようなのでそれはそれで超楽しみ。私の好きな海外俳優の一人、マッツ・ミケルセンが出てるらしい。Twitterの方で小島プロとのデート写真(嘘)が出た際は死ぬかと思った。

 その他遊んでるのは「Dead by Daylight」ってゲーム。最近めっちゃ遊んでる。刀剣乱舞と同じくらい毎日やってるくらい。嘘、言い過ぎた、たまにやらないけど。同県乱舞に関してはほぼ毎日やってる。イベントが死ぬほどきつい。公式が鬼畜外道。でも趾キャラエッチだから大好き。

 10月くらいからこれ以上はランク上がれないなって思って初のフレンド募集した記憶がある。はじめどうすりゃいいのか分かんなかったし、VCって何!?これってマイクないなの??っていうゴミレベルだった。最初に声かけてくれた人、こんなカスチェイスしかできないようなヌーブプレイヤーを誘おうと思ったな。博愛主義者か?実際はそんなことなかったけどな。むしろヤベエ人だったけど。毎回楽しいし、私よりうまいしな。はじめこれは今後は誘ってくれないな、1回きりかなって思ってたけどもチョイチョイ誘ってくれるし。優しい。まあ、上手し下手を比べると大抵の人間は私よりも上手いけどな。私6秒でダウンする自信あるし。

 そこから初のフレンドさんが出来て嬉しい。現実の10倍くらいフレンド(友達)いるわ。それで一緒に遊んでくれる人とか、Twitterでも相互になってくれる人とかいっぱいいてくれる。フレンドさんつながりで新しいゲームも一緒にやってくれたりと……。具体的に言うと「TERA」とか「R6S」「BF5」などなど。本当の事言うなら最初の頃FPSってあんま慣れてないんだよね。「PUBG」はTPSだからね。でも慣れって怖いね。最近だとキル数良くなってきたし。最初は死にゲーだったもの。

 今やってるゲームはこれくらいかな。スマホだとまた違うけど同時進行だし、こっちはフレンドは募集していないので割愛。

 あと、Twitterの私のアカウントで一緒に遊んでくれた人はリストにぶっこんでんだけど、入ってないよって人はDMで教えてくれ。作ったのちょっと前だから終えてないんだよね。ごめんね。

 でまあ、何でこんなことを書こうかと思ったのは、年末だからとしか言えない。何書くのとか全然決めてないので本とその時の気分しだい。

 これは年末だし、今年の振り返りの意味で書いてみた。今年自分の中で一番大きな出来事はこれかなって思ったからね。他にもいろいろあったはずだけど現在進行形なのはこれぐらいしかない。後、書くとしたら前の記事のヒプノシスマイクか、刀剣乱舞についてか……他は、創作小説とかしか書くことねえな。刀剣乱舞については前に真剣乱舞祭に行ったのでそのことについてかな。

 書く内容が日記っぽいな。

 他だと海外ドラマについてか、海外俳優についてか……。私の好きなVtuberぐらいしかないな。内容が語彙力崩壊のエッチエッチとしか言えないのが想像できる。

 まあ、内容は追々考えるとして、しばらくはこのクソ変換を調教しようと思う。

 前回と比べたら半分くらいの内容しかないけど、今日はこの辺で良いか。

 明日も何かしら書こうと思うからよろしく。てかこれ日記だから誰かに見てもらうなんて考えない方がいいのか。まあ、書きたい内容をそのまま書くか。決定!

 

 最後に、このブログの名前、まだ決まってないんだよね……。何にしよっか。暫くはこのままだけど何かしら良さそうなのは付けたい。

 まあ、決まったらその時付けるから、突然変わっても何ら不思議はないわな。よろしくお願いします。

 それじゃ。

【20181217~22】ここのタイトル考えるのに2日かかったけど結局何にも思い浮かばなかったのでそのままつける事にしました。

 これ見てる人ってTwitterやってるの?

 まあ、このブログ見てるってことは十中八九やってるはずなんだけどさ。だって私、Twitterでしかこのブログ宣伝してないはず。いやわかんないけど。もしかしたらこれ書いてるときはTwitter以外で共有するのはやらないって思っているけど、いざ投稿するときに「やっぱ他のやつにもやろっかな」って思ってるかもしんない。ほんとわかんないけど。

 まあ、検索避けとかしてないはずだから多分検索エンジンで調べたりしたら出てくるかもしんないね。けどそれは置いとく。深く話したところで投稿してみないと分かんないし、検索してみないとわからない。検索しても出なかったらマジごめん。はてなブログの説明なんて読んでないようなもんだから。

 ていうか、思い切りで始めたけどノートパソコン打つの遅いし、予測検索が軒並みクソ。一発変換で来てほしいの出てこないどころか、さっき打とうとしていた「打つの遅い」って文字、最初の予測変換で出てきたの「鬱の遅い」。意味わかんね。

 早くもこういうの書いているのが飽きてきた。正直、ブログとサイトの見分けどころかスマホとアイフォンの違いすら分かんないのに始めた自分が憎い。何で思いついたんだろうね。マジ30分前の自分を殴りたい。「お前タイピング遅いくせにこんなの始めんなよ」「仕事場でパソコン使うようになったからってお前のパソコン技能上がったわけじゃねえからな」「好きなVtuberはてなブログやってたからってお前が始めても何にもなんねえぞ」って言ってやりたい。

 でも言われたら「自己満足でやってるから良いし、ここでもやればさらにタイピング速度上がるじゃん」って言いそう。屁理屈は言いなれてるからな。

 てかここまで書いてるけど、まだこの記事の題名決まってないんだよね。そもそも書く内容すら決まってないのに見切り発車で始めたからどんな方向でやってくのかも不明。五里霧中すぎる。一番最初の書き出しだって小学生の頃に読んだ本に書いてあったのを参考にしてみただけ。「書き始めに迷ったら何でもいいから書けばいい。そのまま書けば文になるし、さらに書けば文章になる。最後まで書けば話になる」ってさ。ごめん、これ本じゃないかも。誰かに言われた言葉かもしんない。それともテレビに出てた言葉か、私のオリジナルか……。こういうブログ?サイト?ってデタラメ書いちゃいけないでしょ。さっきの言葉、出典不明ってできるかな。本だったら著作権に引っかかったりしないか?もしかしたら引用とかしないといけない系か?もしそうだったら後で書き直すわ。なんかあったらTwitterの方のDMで頂戴。FF外からでも受け付けてるからよろしくお願いします。

 なんだかんだ言いつつ1,100文字越えてんだよな……。すげえな。ここまで書けるとは思っていなかったわ。てか普段語彙力ないし、日本語うまく話せないのによくここまで書けたな。PS4で一緒に遊んでくれたる方ならわかってると思うけど、私の語彙なんて「クソ」でしか構成されていないようなもんだからな。まあ、書いている内容も意味ないしな。口語口調の中身カッスカスだしな。

 ここまで読んでくれてる人なんていないだろ。むしろここまで読んでる人って大丈夫か?君、時間無駄にしている自覚ある?人生の貴重な数分をこんなクソ文章読んで消費してるなんてもったいない。3分でここまで読んでるならカップラーメン食った方が良いぞ。美味しいし、体の栄養になる。10分かけて読んでんなら好きなVtuberの動画を観ろ。再生回数に貢献したほうが良いだろ。面白いし、向こうも嬉しいだろ。15分かけてここまで読んでるならもうこのブログは読まない方が良いかもしれない。じっくり読んでくれて嬉しいんだけど、私はまだまだ書くつもりだからここでブラウザバックからの履歴削除だ。なぜなら、この1,500文字足らずで15分かけてるってことは1分で100文字を読んでるってことだ。言い換えれば60秒で100文字読んでることになる。私はまだまだ書いていくつもりなので、予想では5,000文字はゆうに超えそうだ。今現在1,700文字超えたしな。5,000文字ってことは50分なんだよ。50分ってお前……大丈夫か??50分あれば結構できるぞ。風呂入って料理作れるし、アニメをCM込みで観れるし……。だから、お前がやることはこんなクソ文章読むんじゃなくて、風呂入って飯食いながらアニメ見ることなんだよ!!うらやましい!!

 閑話休題、って意味無いな。前の文章全部閑話だし、これからの文章も閑話だわ。話題転換ってどうすればいいんだろうね。要考察。

 まあ、長々しく書いてるけど、ようやく本題書く気になった。今のは肩慣らし。文章書くにしたって、テンション上げてかないと書けない気がするんだよね。通勤の時だって、好きな曲聞きながらじゃないと仕事行く気になんないでしょ??

 まあ、話は一番最初に戻んだけどね。冒頭の「Twitterやってるの?」にさ。

 簡単な話、これからの文書には愚痴が多分に含まれてるかもしんないし、もしかしたら口が悪くなるかもしんないから要注意。てか、この前に普通にクソとか言ってるのに今更過ぎるな。まあ、こんな感じだから読んでくれる人だけ読んでな。読まない人は、読むな。

 あと、前もって言っとくけど、ここに書かれてる文章は私主観の個人的な意見だから反論や拒絶はいいけど、否定だけは認めないから。Twitterの方でリプ飛ばしてきても私の精神衛生を最優先にするのであしからず。まあ、ネットやってるなら画面と現実から離れて見てな。

 

 私が書こうと思ってた内容はな、12月17日のTwitterのトレンドに上がってた「解釈違い」について。

 「解釈違い」。まあ、読んで字の如く、解釈が違っていたわけですわ。あんまし深く知らない人は、「なんの?」ってなるよな。まあ、私も深く知る前までは全然わかんなかったし、同時にトレンドに上がってた「クフフのフ」の関係もわからなかった。予想では、家庭教師ヒットマンREBORN!!の何かしらの新情報があったと思って一人でwktkしてたけど調べてみたら全くそんなことなかった。舞台について何かしらあると思った。え、舞台なんて知らない??嘘だろお前。9月10月にやってたんだよ!!てっきりDVD&Blu-rayとかになるかと思ったよ。全く違ったけどね!!

 話の主役は違ったけど、これを読んでる人ってヒプノシスマイクって知ってるかい?私は好きなんだけどね。男性キャラ12人が4つのチーム(division)に分かれてラップでバトルする話だ。何を言ってるのかわからないと思うけど、本当なんだよね。男性キャラ12人、まあ、人気声優12人だわな。その人たちがラップをして競い合うのよ。そのラップバトルで使用される特殊なマイク、精神に直接作用するマイクがタイトルのヒプノシスマイク。

 ヒプノシスってのは「心身を弛緩させ言語的暗示を与えて受動的な注意集中をはかることにより人為的にもたらされる意識水準の低下した状態。およびその結果生じる心理・生理的現象。心理治療などに応用される」ってWeblio辞書に書いてあったけど、そんなマイクを使ったストーリーなのよ。バトル&ミュージック&キャラクターその他もろもろの要素があったコンテンツだ。

 以上、ヒプノシスマイクの説明終了!!詳しく知りたいのならTwitterやらYouTubeやら公式サイトやらWikipediaで調べてくれ!!私のゴミカス語彙力じゃうまく説明できん!!

 まあ、トレンドにあがった「解釈違い」は、同じ日に発売されたヒプノシスマイクの初コミカライズの内容についての話題なのよね……。「クフフのフ」は単なる飛び火。全然関係なかったよ。まあ、これを書いている時は雑誌まだ読んでないけどこれから読む予定なんで、まあ、うん。ネタバレされたけどな。気にしないよ。私もこれからネタバレするし。

 その前に私のヒプノシスマイクがどれだけの知識なのかだけでも書いておこうと思う。のちのち本当に解釈違い起きたらやだし、予防線として。ヒプノシスマイク好きって言ったけど、私持ってるCDは麻天狼とBBBしかないんだよね。好きって言っても、全員推しじゃなくて、麻天狼推し。一番好きなのは神宮寺寂雷。理由は声と顔。CD全部集めたり雑誌買ったりするほどガチじゃないけどTwitterで公式のアカウントをフォローする程度には気に入っている中途半端な好き具合。時々pixiv漁ったり夢小説読んだり腐的な妄想に励んだりしてる完全読み手専門。そんな感じだと記憶してくれれば助かる。

 ここに書いたように、私はCDを2枚しかもっていないのでもしかしたら知らないことがあります。ここも解釈違いだって言われたらどうしようもないです。気が向いたら他のdivisionのCDも買ってみます。

 それで、何が解釈違いなのかと言うと、漫画化されたのはCDで出ている時間軸の前、前日譚のようなのですが……。調べてみたところ、それまで1年以上触れていたCDの内容からでは想像がつかないような内容だったようです。詳しくは本当に読んでみてください。私はしばらくは良いかなって思っていますのでわかりませんがね。

 そこで私が思ったことは「①解釈違いの意味」「②ファンの意味」「③世界観の見方」くらいですかね。

 ヒプノシスマイクの解釈違いについてのツイートについては探せば出てきますし、これ関係の意見などについては検索すれば出てくると思いますのでここでは割愛します。大雑把に言えば、「漫画の内容がクソ過ぎ」「CDでは想像できないようなキャラの性格」「矛盾や設定の食い違いがある」という感じです。違ったらすみません。

 まず、①について。解釈違いの意味です。

 解釈違いってことは、どっちかが正しいもので、それと違っていたってことだよね。でもそれって何が正しいの?同じ時間軸で言っているのなら世界観の崩壊とかで言っても良いと思うけど、これは前日譚。CDと同じ内容でなくても不自然はないはず。

 そもそもこの解釈違いと言っている人が言ってる解釈って公式から来てはいないでしょ。公式からインスパイアされた自身の想像、それが大きく膨らんで漫画の内容と違っただけで公式が解釈違いだと言われることはない。

 確かにチラ見ししたけど内容はクソそう。でも解釈違いだと言われるほどではないような気がするんだよね。これは完全に日本語の間違いだわ。言うのなら駄作かクソつまんね、でしょ?

 次、②について。ファンの意味について。

 これ、Twitterに時々見かける画像。なんかの漫画の数コマなんだけど、ほんと的を射てると思う内容だからそこから引用。

 「ファンってのはfun(楽しい)じゃなくてfan(支持者)」

 コンテンツを利用して楽しんでる人じゃなくて、コンテンツの支持者のこと。元はfanatic(熱狂的な)が語源。Wikipedia調べ。本当にfanならこれぐらいで揺らぐことはない。神は乗り越えられる試練しかお与えにならない。どっかの海外ドラマでよく聞く台詞。本当にその通りだ。人間が絶滅せずにここまで生きてこられたのは力が強かったわけじゃない。物事に適応してこれたから生き残れたのだ。カラカラの砂漠でも、酸素の薄い高山地帯でも生きていけるのは適応してきたからだ。だからきっとこれも適応できるはず。適応できないのならコンテンツがあってないんだろ。さすがの人間も酸素のない海底に適応するには時間が足りなさすぎる。他のコンテンツに移るしか生き残る方法はないだろうね。そこまでくるとファンであるかどうかも怪しいけど……。

 最後に、世界観の見方について……。

 だってこの世界、マイクで戦うんだぜ?過去には確かに武器はあったようだがマイクで戦うことを受け入れた世界だ。現実世界の私たちと同じ感性をしているはずない。

 私たちも明日から喧嘩や争いごとはすべてマイクを使って解決してください、何て言われても無理だ。リリックなんて組めないし、そもそも音痴の私は人前で歌うことはできない。恥ずか死ぬ。

 それを受け入れた世界だ。もしかしたら現実とは違って音楽関係に重きをおいた世界なのかもしれない。武器は廃止にするけど代わりの競争方法は何か考えたときに真っ先にラップが出て来るくらいだし。

 神宮寺寂雷さんだって言っていた、男ならラップ出来るよね??そこですぐにリリック組めるなんてさすがこの世界の人間だなとしか思えないよ、ホストと社畜。14歳の中坊だって区の代表になって観客を沸かせれるほどだし。むしろ、何で武器が存在していたんだって思えてきたくらいだ。

 てか、よくよく考えたらマイクを通して攻撃するなら声の届く範囲全て射程範囲じゃね??音からしたら何十人と巻き添えになるでしょ。ひょっとしたらテロじゃね??爆弾テロ並みじゃん。まだ銃の方が被害少なさそうに感じるよ。

 でもさ、これもチラ見した内容なんだけど、前日譚の世界で起こった第三次世界大戦で死んだ人間、世界人口の3分の1らしいよ……。え????まじで????3分の1ってお前。

 現実世界が大体80億人で、ヒプノシスマイクの世界も同じだと仮定したのなら、大戦で死んだのはざっと26億人だぞ。26億人ってことは……中国とインドにいる人を足した数くらいだな……この二か国実質消えるくらいの大戦ってやべえな。

 でもさ、作中の日本ってあんま荒廃しているように見えないんだよね。建物普通にあるし、敗残兵みたいなボロボロな人はいない。確かに経済的には打撃ある様だけど、住むところがないとか食べ物無くてガリガリな人とかの描写がない。てか作中で普通に数学コンクールとかサッカーの試合があるってことは、戦争はあっても日本に被害はあんまなかったってことだと考えられないか?明言されているのは世界の3分の1人口が減ったというだけ。それぞれの国の人口が3分の1減った訳ではない。登場人物の山田兄弟だって孤児院で一応は生活していた。私のイメージなら荒廃しまくったらこういう孤児院の子供は追い出されるように思えるんだけど。ましてや作中では一郎は結構柄悪い問題児だし。真っ先に追い出されそう。

 私が考えたのは、確かに戦争はあったけど日本は激戦区じゃなくて戦争物資などを送り込む補給的な場所だったんじゃないかな。でも待て待て。これも現実の日本と同じ風に考えると、日本って武器そんな沢山作れるか?車両なら有名な自動車メーカーがあるんだから何とかなりそうだけど、銃とか爆弾ってどうなるんだ?教えて偉い人。

 でも、ヒプノシスマイクあるなら技術力は現代とは違うよな。あれはもしかしたら意外と武器関係に関しては現実よりも進んでるのかも。公式Twitterに出てた各キャラのマイク起動時の立ち絵を見たんだけど、あれ、少しファンタジーだよね。まあ、2次元なんて大体ファンタジーだよ。細かいことは気にするな。現実で再現不可能でも、作中で出来るのは良くある事。そもそも2次元に現実の道理を持ち込むこと自体ナンセンスだった。ご都合主義、お決まりのフレーズ、予定調和。何でもありなのが2次元であり、現実にない物を求めるからこそ面白いのだ。

 って考えていたけど、確かに作中世界観で通る事でも、現実世界でかけ離れ過ぎていてはだめだ。コンテンツとして存続していく以上は、ある程度の読者、視聴者、ユーザーなどの消費者は必要だ。

 コンテンツとして続けていくにはお金は必要だ。でもお金は湯水のごとく湧いて出るものでもない。ましてやこれから拡大していくであろう大型コンテンツ、お金はたくさんあるのに越したことは無い。

 公式が正史だとしても、消費者にある固定観念とかけ離れ過ぎていては感情移入しにくいし、人によっては矛盾していると捉えられてもおかしくはない。ましてや人の捉え方なんて千差万別、消費者の数だけ考え方はある。私が思っている以上に他人の考えは底が見えないだろう。こうして書いているだけでも私は誰かの地雷を踏んでるだろうし、不快感を与えているはずだ。

 話しを戻すけど、漫画として王道を進めばありきたりだと飽きられる事は想像できるし、読者の想像斜め上をかっ飛ばせばついていけない読者を振り落す事になる。絶妙なさじ加減でやっていかないといけない。

 超むずいなこれ。偉そうに書いてるけど、私は基本何でもアリだからなあ。美味しければなんでも食べれる。

 まあ、まだ始まって第1話目。面白くても、面白くなくても3話までは見るつもりなのでこれからの展開に期待する。絵柄は好きの部類だし、ガラの悪い一郎は新鮮、左馬刻様の笑顔マジ尊い……。

 マガジンエッジの方で冒頭だけでもお試し読みできる(その部分だけでも情報量多い)し、来月には1話と2話が一緒になってるらしいので楽しみ。個人的には1話目の雑誌を増刷して欲しいけど。

 支離滅裂だけど書きたいこと書けたので良しとする。本当はもっと短くする予定だったけどやめた。理由はたぶん、長い方がみんな読んでくれないから好き勝手言えるだろうなって考え。深く考えたら負けだ。

 以上、おしまい!!

 

 最後に、予言という名の展開予想。

FF7っぽくなるんじゃね??」